妊娠中・産後の腰痛について

  • 2015.10.04 Sunday
  • 23:50
いつもブログをご覧頂きありがとうございます。

今回は、妊娠中・産後の腰痛について。



妊娠中・産後に腰痛を経験する方は大変多いです。

腰痛になると、家事など日常生活にも支障が出ます。

では、どうして妊娠中に腰痛が起こるのでしょうか?

少しだけ考えてみましょう。

通常、腰椎は横から見て軽い前弯があります。↓



これは正常な腰椎。

横から見ると、少しだけ前にカーブをしています。=前弯 ぜんわん

妊娠中は、腰椎の前にあるお腹が大きくなります。

お腹が大きくなると、

腰椎の前に負荷が掛かり、腰椎が更に前弯します。

妊娠中の腰椎は、前弯が強くなる。↓



妊娠中の腰=「腰椎の過度の前弯」

つまり「腰の反りが強い姿勢」です。

この状態、腰の背筋(起立筋)が緊張します。

反対に前の腹筋や、腸腰筋は機能が低下します。

次に妊娠中の骨盤を考えてみましょう。

お腹が大きくなる過程で、骨盤の靭帯が緩みます。

これは、女性ホルモンの「リラキシン」の作用と言われます。

腰痛の方は、この骨盤が過度に後傾している方が多いです。



骨盤が後傾すると、

背筋は更に緊張し腰に負担が掛かります。

こうなると、腹筋や腸腰筋など前の筋肉も低下します。



つまり、妊娠中の腰痛は、

腰椎の過度の前弯骨盤の後傾により、

腰の背筋群の緊張

前の腹筋や腸腰筋の低下

骨盤の緩みや角度が関係します。

また、産後の腰痛の場合は、

出産により、お腹の負担が大幅に減りますが、

骨盤の歪み、

骨盤底筋の弱化、

家事動作に育児が加わります。

つまり授乳や抱っこが増え、前傾姿勢が多くなります。

以上、妊娠中、産後の腰痛のメカニズム

如何でしたか?

必ずしも、全員が腰痛になる訳ではありません。

当院では、ママさんの腰痛に対応しております。

原因が分かる腰痛は、保険も適応されます。

また、骨盤矯正(予約制)もお気軽にお問い合わせ下さい。



あま市・大治町 交通事故 むち打ち治療ガイド



交通事故に遭われた方、是非参考にして下さい。

たけだ接骨院
たけだ接骨院





あま市交通事故治療 たけだ接骨院 http://body-smile.com/


 

calendar

S M T W T F S
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031    
<< October 2017 >>

selected entries

categories

archives

links

profile

search this site.

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM